始める前の準備

【フリーランスの帳簿付け】なぜ必要?つけてなかったらどうなる?

「確定申告について調べていたら、何やら帳簿付けというものが必要らしい…どうすればいいの?」と心配になっている方に向けて書いています。

この記事では、以下のような疑問が解決します。

  • そもそも帳簿付けって何?
  • 収入少ないけど、絶対やらなきゃいけないの?
  • 確定申告とは違うの?
  • 帳簿ってどうやって作るの?
  • つけてなかったらどうなるの?

帳簿付けについての知識を専門用語を使わずに、分かりやすく解説します。また、手間をかけずに帳簿付けする方法についてもお伝えします!

そもそも帳簿(ちょうぼ)って何?

帳簿とは「会計帳簿」の略で、事業における日々のお金の流れを記録しておく書類のことです。

事業(在宅ワークも含む)で出入りしたのお金の流れを記録しておくことを「帳簿付け」と言います。帳簿付けは収入の多い少ないにかかわらず、すべての事業者に義務付けられています

国税庁「記帳・帳簿等の保存制度

すべての事業者?副業とかお小遣い稼ぎでも帳簿付けが必要モフ?

事業としてお金を得ているかどうかがポイントです。事業か事業でないかは明確な基準がないため、判断のポイントを以下でお伝えします。

事業として収入があるなら帳簿付けが必要

国税庁では、反復、継続、かつ独立して対価を得ることを事業と定義しています。つまり在宅ワークの場合、「独立して継続的にお金を稼ごう」と思っているのであれば事業となり、1円でも収入があれば帳簿付けが必要になります。

事業じゃなかったら帳簿付けはいらないモフ?

帳簿付けが必要な所得は、事業所得・不動産所得・山林所得の3つです。事業ではないお小遣い稼ぎの場合は「雑所得」という扱いになり、帳簿付けは不要です。

ただし!雑所得であっても、年間所得48万円を超える場合は帳簿付けが必要なので注意しましょう

  • 事業として得た収入が1円でもあれば帳簿付けが必要
  • お小遣い稼ぎなどの雑所得は帳簿付け不要だが、年間所得48万円以上の場合は例外なく帳簿付けが必要

作成した帳簿は7年間保存する

1月~12月までの取引を記録した帳簿は、所得の金額に応じて7年間保存します。

保存って、家に置いておくってことモフ?

そのとおり!
作成した帳簿は、どこにも提出しません。会計ソフトのデータを印刷し、家に置いておくだけ!

年間所得が48万円を超えるときは帳簿をもとに確定申告書を作成しますが、確定申告で提出するのは確定申告書だけ(帳簿は提出しません)

なぜ帳簿づけが必要?

どこにも提出しないなら、どうして保存が必要モフ?

税務調査の連絡が来たときに、きちんと説明できるようにするためです!

税務調査とは…
確定申告の内容に間違いがないかどうか、税務署が調査することです。電話や郵送で事前通知が来て、訪問の他に税務署に呼ばれることもあります。

税務調査では、7年分の帳簿や通帳・領収書などが調査の対象になり、税金の申告に間違いがないかどうかを確認されます。

帳簿付けをしていなかった場合、仮に納税漏れを指摘されても反論することができません。税務署に言われるがままに追徴金を支払うことになったり、修正申告など面倒な手続きが必要になったりする可能性もあります。

例えば「この年は収入が少なかったので確定申告していません」と主張したとしても、帳簿がなければ証明できないですよね。

つまり、帳簿付けは「納税の必要がない」ということの証明にもなるため、少ない収入でも帳簿付けが必要なんです。

税務調査の連絡は突然やってくる

少ない収入でも税務調査が来るモフ?

収入が少ないうちは、税務調査が入る可能性はかなり低いでしょう。ただし、収入が一気に増えたときは入りやすいとも言われています。

フリーランスとして仕事を始めたなら、今後7年間のうちに収入が激増する可能性もありますよね。今のうちから、正しく帳簿付けしておくほうが安心です。

私は税理士ではないため、専門的なことは以下のサイトをご覧ください。

個人の税務調査|1件当たりの追徴税額が増加!(令和3年発表)「freee税理士検索」

間違っていたらどうなるの?

間違ってたらどんなペナルティがあるモフ~?

個人事業主の場合は、企業会計ほど厳格なルールはありません。間違いを指摘された場合は、正しく修正して本来支払うべきだった税金をきちんと納めましょう。

ミスやうっかりは誰にでもあるもの。帳簿付けや確定申告への意識をしっかり持っていれば、テレビで見る「脱税で起訴・逮捕」なんてことはあり得ませんので安心してください!

帳簿づけってどうやるの?

帳簿付けは個人事業主の義務とはいえ、実際に税務調査を受ける個人事業主は毎年1%程度と言われています。

7年間、自分以外は誰の目にも触れずそのまま破棄されることも多いため、帳簿付けに手間をかけたくないですよね。

そもそもお金の流れをどうやって記録するモフ?手書き?ノート?

帳簿付けは手書きやエクセルで行うこともできますが、個人向けに詳しく解説されている本やサイトは少なく、自力では難しいのが現状です。

国税庁のホームページに書き方も載っていますが、簿記の知識がある前提で説明されているので、理解が非常に難しいです。

さらに、税金面で有利になる青色申告の場合は「総勘定元帳」「仕訳帳」「預金出納帳」などいろんな種類の帳簿を作成しなければいけないため、かなりの労力が必要です。

簿記の知識がない場合は、会計ソフト一択と言えますね!

初心者は会計ソフト一択!

会計ソフトを使えば、「総勘定元帳」「仕訳帳」「預金出納帳」などよく分からない帳簿も自動的に作成してくれます。

ただし、会計ソフトは利用料金がかかるのがデメリットです。

『いえじょぶのすすめ』では、1年間無料で利用できる「やよいの青色申告オンライン」をおすすめしています。

弥生のクラウド確定申告ソフトはシェア53.9%!(※)最も使われているクラウド確定申告ソフトです。
※「クラウド会計ソフトの利用状況調査」(2022年4月)-MM総研調べ

無料期間内の解約もOKなので、「帳簿付けが初めて」という方も安心して利用できます!

やよいの青色申告オンライン」の初期設定の方法は以下の記事で解説しています。

【在宅ワーク始める前に】やよいの青色申告オンライン設定方法 ここでは、在宅ワークを始めたい方(すでに始めている方)に向けて「やよいの青色申告オンライン」の設定方法を解説します。 在宅ワ...

青色申告と白色申告の違い

確定申告の方法には、青色申告と白色申告の2種類があり、青色か白色かで帳簿の記帳方法が違います。

記帳方法が違う理由は、確定申告で提出する書類が青色と白色とで異なるからです。

1年間記録をつけた帳簿から、最終的にどのような書類を作成するのかが分かっていれば、帳簿付けへの理解が進みます。

ブログの読者さんから質問をいただき、「なるほど!」と納得していただいたポイントをお伝えします。

白色申告の帳簿付け

白色申告の場合、「売上はプラス、経費はマイナス、プラマイした残高が所得」という考え方で、いわゆる家計簿のような帳簿になります。

日付項目残高
4/1売上 5,000円35,000円
4/2書籍代 700円34,300円
4/3交通費 1,000円33,300円
(白色申告の帳簿の例)

そして、帳簿をもとに売上と経費の金額をまとめ、収支内訳書という書類を作成し、確定申告書と一緒に税務署に提出します。

※青色申告の場合、帳簿付けの考え方が白色とはまったく異なります!

青色申告の帳簿付け

青色申告では、売上と経費のプラマイという考え方ではなく、帳簿を借方(かりかた)と貸方(かしかた)の左右に分けて、白色より詳しい情報を記録していきます。

日付借方(かりかた)貸方(かしかた)
4/1普通預金 5,000円売上 5,000円
4/2書籍代 700円クレジットカード 700円
4/3交通費 1,000円事業主借 1,000円

そして、右の項目を資産の部、左の項目を負債・資本の部として貸借対照表という書類を作成します。

帳簿の借方を①、貸方を②にまとめるイメージです

青色申告をするためにはその年の3月15日まで(開業が1年の途中なら開業から1カ月以内)に「青色申告承認申請書」と「開業届」を所管の税務署に提出する必要があります。

開業届の作り方や注意点については以下の記事を確認してください。

【在宅ワーク】開業届の作り方&提出方法 在宅ワークで開業届を提出しようと思っている方に向け、開業届の作成方法と税務署でのやりとりを詳しくお伝えします。 パソコンか...

さいごに

『いえじょぶのすすめ』では、やよいの青色申告オンラインを使った帳簿付けの方法を図解を用いて詳しく解説しています。

  • 報酬が入ったときはどのタイミングで入力するのか
  • 経費として購入したときはどのように入力するのか

など、個人で細々と在宅ワークを始める方に向けて解説しています。

【在宅ワーク始める前に】やよいの青色申告オンライン設定方法 ここでは、在宅ワークを始めたい方(すでに始めている方)に向けて「やよいの青色申告オンライン」の設定方法を解説します。 在宅ワ...

私自身、在宅ワークの帳簿付けを解説している本やサイトがなく苦労したので、ぜひ参考にしてください!

気になる点やご相談はお問い合わせフォームから気軽に連絡いただければ、24時間以内に(土日祝日を除く)すべての方に返信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です