仕事について

主婦が在宅ワークを始めたら「扶養」はどうなるの?「確定申告」はどうする?

『いえじょぶのすすめ』では

  • 在宅ワークの始め方と
  • 在宅ワークで保育園に入園する手順をお伝えしています。

この記事では、在宅ワークを始めるときに気になる「扶養」と「確定申告」について分かりやすくお伝えしていきます。

この記事で解決すること
  • 夫の扶養に入ったまま在宅ワークを始められる?
  • 在宅ワークって確定申告が必要なの?

調べても難しい言葉だらけモフ…

夫の扶養に入ったまま在宅ワークを始められる?

答え…

  1. 税金上の扶養は入ったままで大丈夫!
  2. 社会保険上の扶養は夫の健康保険組合に確認を!

ちょっとややこしくなりそうなので、まずは「扶養って何?」を簡単に説明します。

「扶養」には2種類ある

扶養には

  1. 税金上の扶養
  2. 社会保険上の扶養

の2種類があります。

2種類あるって知らなかったモフ…

①税金上の扶養とは

税金上の扶養とは

妻の収入や子どもがいるかどうかによって夫の所得税が安くなる制度

夫が会社の年末調整で「扶養している家族がいます」と申告すれば、配偶者控除扶養控除という控除を利用でき、夫の所得税が安くなります。

②社会保険上の扶養

社会保険上の扶養とは

の社会保険料を夫の加入する健康保険組合が負担してくれる制度

社会保険料とは年金、健康保険、介護保険料のことです。

社会保険上の扶養にできるかどうかは、妻の年収130万円が基準になりますが、夫の加入している健康保険組合によって扶養にできるかどうかの基準は様々です。

扶養には2種類あるんだと分かったところで、一つずつ詳しく説明していきますね!

①税金上の扶養は入ったままで大丈夫!

ポイントはこれだけ!

税金上の扶養では、扶養に入ったまま妻が在宅ワークを始められます。

ただし、夫は妻の所得を会社の年末調整の書類に記載することが必要です。

税金上の扶養は妻の収入によって夫の税金が安くなる制度です。扶養に入ったまま在宅ワークを始められますが、夫が会社の年末調整で妻の所得を記載する必要があります。

専業主婦なら「ゼロ」と書いて毎年提出していたはずなので、かかる手間は変わりませんね!

夫が年末調整で妻の所得を記載する

国税庁「令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」に筆者加筆

夫の会社の年末調整の書類に、妻の所得を記載する欄がありますので、年末に記入して提出します。

ちなみに、所得とは…

1年間の総収入から、経費青色申告特別控除などを差し引いたもの。青色申告は最大65万円の控除がありますので、


年間総収入-経費-65万円=所得

です。

経費青色申告については確定申告のところで詳しくお話しますね!

妻の所得が増えると夫の税金が増える

国税庁HP(配偶者特別控除の控除額)に筆者加筆

上の図のように、

妻の所得が95万円を超えると、夫の収入から控除される金額がだんだん低くなり、その結果夫の税金が高くなっていくんですが、95万円を超えると急に高くなったりするわけではないので、あまり金額は意識しなくても大丈夫!

自分の収入を伸ばすことを考えましょう!

税金上の扶養まとめ

以上で、①税金上の扶養についてはおしまいです。

税金上の扶養まとめ
  • 税金上の扶養とは妻の収入によって夫の税金が安くなる制度
  • 扶養に入ったままでも在宅ワークを始められる
  • 夫が年末調整で妻の所得を記載する必要あり

「所得の考え方がまだ不安…」という方も確定申告のところで分かりますので大丈夫ですよ!

②社会保険上の扶養は夫の会社に確認を!

ポイントはこれだけ!

社会保険上の扶養に入れるかどうかは夫の会社に確認が必要!

扶養を外れる目安は妻の収入130万円がボーダーライン!

確認は以下の3点!

まずは夫が加入する健康保険組合に、以下の3点を確認してください。

  • 妻が在宅ワークを始めるが、扶養を継続できるか
  • 扶養を外れるタイミングはいつなのか
  • 経費は認められるのか

「夫の会社名+健康保険組合」で検索すれば、ネットで調べられる会社も多いですよ!

法律では収入130万円未満が要件

健康保険法によると…

『被扶養者の要件は年間の収入が130万円未満』となっています。

つまり、「妻の収入が130万円未満なら扶養してもいいですよ」ということ。

ですが、それぞれの健康保険組合によって要件は変わってきます!

健康保険組合によって要件が違う

  • 年収130万円までは扶養に入れるところもあれば、
  • 開業届を提出した時点で扶養から外れるところもあり、

組合によって条件が違います!

扶養から外れると健康保険料年金保険料を妻が自分で払う必要があります。

必ず夫の加入している健康保険組合の扶養の条件を確認しましょう。

分からないことは会社の総務に電話して聞いてみましょう!「扶養の要件について聞きたいんですが」と言えば、夫の名前などは出さなくても問い合わせできますよ!!

扶養を外れるタイミングについても確認を!

1年間の収入が130万円以上になると扶養から外れなければいけない場合が多いですが、

  • 年収130万円の判定のタイミングはいつなのか

を確認しておきましょう。

「130万円の壁」というやつモフね。

月収×12か月の年収見込みが130万円を超えると予想されたタイミングという組合が多いようです。

130万円を超えるには、月収108,333円が必要になります。

つまり、月収108,333円を継続して超えることが予想される場合に、社会保険の扶養を外れる手続きが必要になります。(年末調整とは別の手続きが必要です)

1か月の収入が安定して108,333円を超えるかどうかが目安モフね!

経費はどこまで認められる?

①税金上の扶養では年末調整で記載する金額は所得でしたが、

②社会保険上の扶養では経費を差し引く前の収入で判断されることが多いです。

年収130万円に対して経費を認めるかどうかもそれぞれの健康保険組合によって違いますが、「直接的必要経費のみ認める」という組合が多いようです。

直接的必要経費とは…

その費用なしには事業が成り立たない経費のこと

例えば

  • ハンドメイドの原材料費
  • 転売の仕入れ代
  • パソコンのサーバー代など

組合のHPに一覧表が載っていることもあるので、確認してみてください。
(下図は一例)

詳しくは問い合わせして確認をお願いします。

タイミングを間違っていたらどうなるの?

答え…

夫の会社に税務署から問い合わせがきて、健康保険料と年金を追納することになる。

妻を扶養にするのか扶養から外すのかは夫が自分で会社に申告しなければいけないんですが、間違っていたり忘れていたりした場合は税務署から「間違ってないですか~?」と夫の会社に問い合わせがきます。

国民健康保険料や年金保険料を資格喪失日までさかのぼって支払えば、罰則や追徴金などはありませんが、夫の年末調整も間違っていた場合は確定申告での修正が必要になったりとすごく面倒なので注意してくださいね。

社会保険上の扶養まとめ

以上で、②社会保険上の扶養についてはおしまいです。

社会保険上の扶養まとめ
  • 社会保険上の扶養とは妻の社会保険料を夫の会社が負担してくれる制度
  • 扶養に入れるかどうかは確認が必要
  • 月収108,333円を継続的に超えると外れる可能性が高い
  • 外す手続きを忘れていると保険料の追納や確定申告で修正が必要

ふ~。大丈夫ですか?できるだけポイントを絞っているつもりですが、長くなってきましたね。

続いては確定申告についてお話します。ゆっくりで大丈夫ですので、目を通してみてくださいね!

在宅ワークを始めたら確定申告って必要なの?

答え…
年間所得が48万円を超えたら必要

ポイントはこれだけ!
  1. 1年間の所得が48万円を超えると確定申告が必要
  2. 所得とは収入から経費を引いたもの
  3. 確定申告は青色申告がお得!

所得青色申告についても分かりやすく解説しますね!

①年間所得48万円を超えると確定申告が必要

1年間の総収入から必要経費を引いた金額が年間48万円を超えると、確定申告が必要です。

超えていない場合は確定申告は不要ですので、何もしなくても大丈夫です。

年間48万円ってことは月4万円が目安モフね!

そもそも確定申告とは

確定申告とは

毎年2~3月に、前年の収入を申告し所得税を確定させること

『いえじょぶのすすめ』では、開業届を提出してから在宅ワークを始めることをオススメしています。

開業届はメリットしかないモフ!

開業届を税務署に提出すると、年末に確定申告の書類が自宅に届きます。

ちなみに開業届を提出していない場合も、収入があれば確定申告をして所得税や住民税など、税金を納めなければいけません。

余談ですが、使わなくなったものをフリマアプリで販売するのは、「生活用動産の売買」に当たるため確定申告の対象外です。

②所得とは収入から経費を引いたもの

所得=収入-経費(経費=事業をするために必要な費用)

上の計算で出た「所得」が48万円を超えると確定申告が必要です。

経費になるものって何?

『いえじょぶのすすめ』でおすすめしているブログ運営+WEBライターを仕事にするなら、

  • パソコン購入費
  • サーバー代
  • 記事を書くために購入したもの
  • 電気代
  • 通信費

などは経費として認められます。

電気代や通信費は家事按分(あんぶん)といって、プライベートで使うものと分けて一部が経費として認められますよ!

その他、自分が自信をもって「これは仕事に必要だ!」と言えるものは経費にできることも多いです。

税理士ではないため詳しいことはお伝えできませんが「これって経費になるのかな?」というものはご自身で確認をおねがいしますね。

③確定申告は青色申告がお得!

青色申告とは

確定申告には「青色申告」と「白色申告」の2つの制度があり、青色申告をすると最大65万円の控除を受けることができるお得な申告制度です。

難しいことは置いておいて、とにかく青色申告の方が税金が安くなるんだ、と思ってください。

  • 青色申告の控除は、確定申告しなければ使えません。
  • 65万円の控除を受けると所得がゼロになる場合も、収入-経費=48万円を超えるなら確定申告は必要です。

夫の年末調整は65万円を引いた後の金額を記載

「税金上の扶養」のステップでお伝えした夫の年末調整で記載する妻の所得の欄は、青色申告をしていれば最大65万円を引いた後の金額になります。

赤枠で囲った欄に書く金額が少ないほど夫の税金が安くなるので、青色申告をしていれば自分も夫も税金をお得にできます。


青色申告をするには

  • 「開業届」と
  • 「青色申告承認申請書」

という書類を税務署に提出していれば青色申告の制度を使うことができるんですが、作り方や税務署への提出方法は以下の記事で解説していますので、ご覧ください。

【在宅ワーク】開業届の作り方&提出方法 在宅ワークで開業届を提出しようと思っている方に向け、開業届の作成方法と税務署でのやりとりを詳しくお伝えします。 パソコンか...

確定申告のまとめ

解説は以上です。おつかれさまでした~!!色々お話しましたが、

在宅ワークを始めるときは「開業届」を提出して、年間所得48万円を超えたら確定申告する!

ということだけ覚えておいていただければ、あとは自分でやるうちに分かってきます。

難しいことは今覚えなくても大丈夫です!

さいごに

扶養や税金に関しては分からないことが多いですが、実際に仕事を始めると税金や社会保障の制度について触れる機会も多くなり、自然とわかってきますので安心してください!

税金や社会保険に詳しい自分、なんだかかっこいいですよね!

また、分からないところや不安なことがありましたら、コメント欄やお問い合わせフォームから気軽にご連絡くださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。