保育園について

保育園に入園するための点数とは?保活で点数を上げる方法10選!

この記事では認可保育園の入園に必要な

  • 「点数」の基本的な知識と
  • 実際に「点数」を上げるための方法

を紹介します。

この記事を読むとわかること
  1. 我が家がどれくらいの点数をもらえるのか
  2. 点数をあげるために工夫できること

むずかしい言葉は使わず分かりやすくお伝えしますので安心してくださいね!

「説明はいいから、点数アップの方法を教えて!」という方は、目次から【点数アップの方法】まで飛んでください!

認可保育園の入園に必要な「点数」とは

点数とは、簡単に言うと

「家で子どもを見られないレベル」をポイント化したもの

点数が高いほど希望の保育園に入りやすいモフ~!

点数には2種類ある

点数には以下の2種類があります。

  • 基本の点数(基本指数)
  • 調整の点数(調整指数)
出典:KIDSLIN

父、母、それぞれの点数を計算し、合算したものがその家庭の「合計点数」となります。同点の家庭があった場合は、優先順位が高い家庭から入園がきまります。

基本の点数(基本指数)

基本指数とは、仕事や病気など、家庭で子どもを見られない理由の「基本的な状況」をポイント化したもの

例えば、

  • 仕事なら「就労時間の長さ」
  • 病気なら「症状の重さ」

によって基本指数が決まります

就労の場合、1日8時間以上の就労(休憩含む)で満点の自治体が多いですね!

調整の点数(調整指数)

調整指数とは、「各家庭の状況に応じて」基本指数に上乗せしたり減らしたりする点数

例えば、

  • 兄弟が保育園に在園していれば加点
  • 同居の祖父母がいると減点、など

調整指数は自治体によって条件が大きく異なります。加点減点の条件をしっかり把握しておきましょう!

点数の一覧表は役所のホームページで1年中いつでも確認できます。

同点だった場合は優先順位で決まる

同点の家庭があった場合、あらかじめ自治体で決められた優先順位に従って高い順位に当てはまる家庭から入園が決まります。

例えば、

  • 同点なら就労家庭より傷病を抱えた家庭が優先
  • 所得の低い家庭が優先

などです。

我が家は何点?点数の計算方法

点数の計算は以下の3ステップで行います。今の家庭状況でどれくらいの点数がもらえるのか確認してみましょう。

  1. 両親それぞれの基本指数をチェック→両親の点数を合計する
  2. 調整指数を確認→基本指数から加点、減点する
  3. 優先順位を確認する

令和4年4月入園の世田谷区を例に紹介します!

①両親それぞれの基本指数をチェック

両親ともにフルタイム勤務の場合、基本指数は父(50点)+母(50点)の合計100点が満点になります。(母が育休中の場合、復帰後に予定している就労時間で採点されます)

育休復帰後に時短で働く場合は点数が下がる可能性もあります。でもフルタイムじゃキツイ方も多いですよね…

多くの自治体で、「求職中」の申込みは点数が大きく下がる傾向にあります。世田谷区の場合は求職中は10点と、フルタイム(50点)に比べてすごく不利になります。

求職中だと厳しいモフ~!

②調整指数を確認→基本指数から加点、減点する

入園希望月に就労実績が1年以上の場合、→(+2点
同居の祖父母(65歳未満)が保育できる場合→(-6点
ベビーシッターや認可外保育施設に有償で預けている場合→(+5~6点

世田谷区の場合、同じ職場で1年以上働いている場合や、認可外保育施設を利用していると加点があり、祖父母と同居の場合は減点になることもあります。

調整指数は自治体によって条件や基準がまったく違うので、よく確認してみてください。

③優先順位を確認する

基本指数+調整指数が同点だった場合、優先順位の高い方から順位が決まります。例えば世田谷区では、居住歴が長い方が有利になり、在宅ワークは外勤より不利になります。

前年度データと比較して入園の予測を立てる

我が家の点数が算出できたら、前年度の入園実績を確認しておきましょう。自治体によってはホームページで確認できる場合もあります。

例えば練馬区では保育園ごとに入園の最低指数が公開されています。

「▲▲保育園の1歳児、去年は81点で入園できたんだ!」などデータが分かれば戦略が立てやすいですね!

データはあくまでも予測の材料として

前年度のデータを上回っていれば入園できる可能性は高いと言えますが、その年その年によって募集人数や応募者数は大きく変わります。そのため、前年度のデータはあくまでも参考程度に考え、さらに加点できる可能性はないか探っていきましょう。

点数アップの方法10選!(これがすべて!)

ご家庭の状況によっては現実的ではないものも含まれますが、保活を7回経験してきた筆者が考えられる方法すべてをお伝えします。ちなみに、「離婚する」「生活保護を受ける」といったあまりにも現実的でないものは除外しています。

少しでも選考を有利に進めるために、できることはないか考えてみましょう。

方法①働く時間を増やす

「就労」の場合、単純に働く時間を増やせば点数もアップします。「夫と家事分担ができている」「実家に援助してもらえる」など周囲に頼れる人がいる場合は、検討してみてもいいでしょう。逆に、自分しか頼れる人がいない場合は、「大丈夫だろう」と甘く見ずに余裕をもった働き方をおすすめします。定時ぴったりで帰れない職場も多く、毎日時間に追われて過ごすことになりかねません。

方法②いったん認可外保育施設に預ける

認可外保育施設に通っている状態であれば、調整指数が加点になる自治体は多いです。専業主婦の場合「求職中」では認可に入れないため、いったん認可外に預けて就活をするパターンも一般的です。

認可外は少人数でアットホームな施設が多く、初めてママと離れるお子さんでも「手厚いフォローが受けられて安心」という声もあります。ただし、保育料が高額になったり、やっと慣れてきたころに認可保育園に転園しなければいけなかったりといったリスクも頭に入れておきましょう。

方法③ベビーシッターを日常的に利用する

ベビーシッターの利用は加点につながる自治体が多いですが、「継続して預けていること」や「〇〇万円以上で預けていること」など、細かい条件が多いので注意が必要です。

ベビーシッターの利用に助成金が出る自治体もあり、利用料は思ったほど高額にならない場合もあります。早期の職場復帰を考えている方や、パートとしてすぐに入れそうな職場がある、という方は検討したい方法です。

方法④診断書を書いてもらう

ワンオペ育児で精神的に限界がきているママは、医師の診断書をもらうこともできるでしょう。また、腱鞘炎や腰痛で通院している場合も利用対象になることがあります。

ただし、保育園の継続には半年に1回程度、医師の診断書が必要になります。症状が良くなったときに、就労など保育の必要性が認められなかった場合は退園になることを覚えておきましょう。

方法⑤祖父母との同居を解消する

祖父母が同居や近くに住んでいるという場合、調整指数が減点されることもあります。世田谷区では-6点とかなり大きく減点されるため、やむを得ず同居を解消する方もいるかもしれませんね。

ただし、同居を解消したからといって必ず入園できるとは限らないため、「自分の自治体では何点引かれるのか」「前年度の最低指数は何点か」など、条件をよく確認しましょう。

方法⑥職場の近くの保育園にも申込みする

職場が同じ市区町村内にある場合は、自宅近くの保育園と職場近くの保育園、両方に申込みすることで入園できる可能性が高くなります。

職場が他の市区町村の場合、他の自治体からの申込みを受け付けるかどうかは各自治体によって異なるため、役所に確認が必要です。

方法⑦入園しやすい地域に引っ越しする

ほとんどの自治体では、入園選考の条件をホームページで公開しているため、今の働き方でどれくらいの点数がもらえるのか確認することができます。今の働き方でもあきらかに入園しやすそうな地域がある場合は、引っ越しを検討してもいいでしょう。

ただし、前年度は入園しやすかったとしても、今年度の状況は誰にも予想できません。また、激戦区と言われる自治体でも、待機児童解消に力を入れて毎年どんどん入園しやすくなっている自治体は多くあります。

役所の窓口では、去年の申込み状況や施設ごとの入りやすさなど、詳しく教えてもらえますので一度足を運んでみることをおすすめします。

役所の窓口って忙しくて冷たいイメージだけど、すごく丁寧に答えてもらえることが多いですよ!

方法⑧新設の保育園を狙う

平成27年4月にスタートした『子ども子育て支援新制度』により、近年新しい保育園がどんどん新設されています。新設の保育園は、激戦と言われる0~2歳児も定員がフルで募集になるため、圧倒的に入りやすくなります。

「新設の保育園は不安…」という方も、最近では入園前にオンラインで説明会があったり、先生たちの紹介動画がホームページで紹介されたりするため、情報を仕入れる機会は以前より多いですよ!

方法⑨副業とのダブルワークにする

パートなど時間の短い仕事ではどうしても入園が難しくなりますが、副業を始めてダブルワークをすれば、就労時間を合算できる場合もあります

自治体によって条件はさまざまですので副業とダブルワークの場合は加点されるのかどうか役所に問い合わせてみてくださいね。

方法⑩☆オススメです☆在宅ワークを始める→自営業と認められる!

在宅ワークをこれから始める人でも使える方法!!

「在宅ワークは、内職扱いになるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、以下の書類を提出すれば自営業と認められます。

在宅ワークでの申込みに必要な書類
  • 就労証明書(自分で作成)
  • 開業届(これから始める人でも出せる)

自営業者の就労時間は自己申告。フルタイムと同等の点数をもらえることも多いので、かなり有利に選考を進められます。

その他にも書類が必要な自治体もありますが、在宅ワークで入園する方法は以下にまとめました。

【在宅ワークで保育園に入る方法】仕事の選び方~入園手続きまですべて解説します 働きたいのに働けない子どもとべったりが辛い…育児と両立しながら稼ぎたい母ではない「自分」を保ちたい 在宅ワークはあらゆるママたち...

在宅ワーク始めるならこの教材がおすすめ

在宅ワークはスキルがなくても始められますが、自信がないという方はまず基本的な知識を身につけておくと安心です。

私も実際に受講し、企業からのオファーをいただける機会が激増した『ヒューマンアカデミー』のおすすめの教材です。

資料請求は無料ですし、その後の勧誘なども一切ありませんので検討してみてください。

ヒューマンアカデミー公式HP

まとめ

認可保育園に入園するためには、できるだけ高い点数をもらいたいですよね。

私のブログでは、無理して働く時間を延ばしたり、家族を犠牲にするような働き方を選んでしまうより、在宅ワークという働き方でも高い点数をもらえる方法があることをお伝えしています。

気になることや聞いてみたいことがあれば、お問い合わせフォームや下記のコメント欄からご連絡ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。