保育園の基礎知識

保育園に入園するための点数とは?保活で点数を上げる方法を分かりやすく紹介

この記事では

認可保育園の入園に必要な

  • 「点数」の基本的な知識と
  • 実際に「点数」を上げるための方法

を紹介します。

この記事を読むとわかること
  1. 我が家がどれくらいの点数をもらえるのか
  2. 点数をあげるために工夫できること

むずかしい言葉は使わず
分かりやすくお伝えしますので
安心してくださいね!

「説明はいいから、
点数アップの方法を教えて!」

という方は、

目次から【点数アップの方法】まで
飛んでくださいね!

認可保育園の入園に必要な「点数」とは

点数とは、簡単に言うと

「家で子どもを見られないレベル」を
ポイント化したもの

です。

認可保育園に申し込むには
子どもを見られない理由が必要なんですよね。

家で見られない理由があるかどうかを
保育の必要性」と言い、

必要性のレベルを決めるのが
点数」です。

点数が高いほど
希望の保育園に入りやすくなります

認可と認可外のちがいは

こちらの記事で解説しています。

認可と認可外の違いは?保育施設の種類を解説 子どもを預ける施設について調べ始めると、 認可保育園と認可外保育園の他にも、色んな種類の保育園があり、 何がちが...

専業主婦の場合

専業主婦の場合、

  • 「保育の必要性がない」=申込みできない
  • 子どもが小さい=「点数の低い仕事しかできない」

んですよね。  

在宅ワークやパートは点数が低い

在宅ワークパートならできるかも、

と調べたことのある方も多いかもしれませんが、

働く時間が短いため、

入園のための点数も低いんですよね。

(※ここでいう在宅ワークとは、

個人事業ではなく企業と契約した仕事を指します)

在宅ワークやパートだと入園は厳しいし、

たとえ入園できたとしても

収入のほとんどが保育料で消えてしまうなら

家にいた方がいいんじゃないか、

と考えていた方も多いんじゃないでしょうか。

点数についてもう少し説明してから
誰でもできる点数アップの方法について
お話しますね!

「点数」の基礎知識

まずは、

  • 点数の基本的な知識と
  • 入園選考での点数のつけ方

をお伝えします。

条件にちがいはあっても、

点数の決め方はどの自治体でも共通ですので

きちんと知っておくだけで
入園に有利になりますよ!

点数の種類と優先順位

点数には以下の2種類があります。

  • 基本の点数(基本指数)
  • 調整の点数(調整指数)

父、母、それぞれの点数を計算し、

合算したものがその家庭の「点数」となります。

同点の家庭があった場合は、

優先順位が高い家庭から入園がきまります。

出典:KIDSLIN

基本の点数(基本指数)

基本指数とは…

仕事や病気など、「子どもを見られない理由」の
基本的な状況をポイント化したもの

例えば、

  • 仕事なら「就労時間の長さ」
  • 病気なら「症状の重さ」

によって基本指数が決まります

多くの家庭では

保育の必要な理由が「仕事(就労)」になりますよね。

就労の場合、

どの自治体でも基本指数は
働く時間によって決まります。

1日8時間以上の就労(休憩含む)で
満点の自治体が多いですね!

会社員だと9時~17時のフルタイムです

調整の点数(調整指数)

調整指数とは…

各家庭の状況に応じて
基本指数に上乗せしたり減らしたりする点数

例えば、

  • 兄弟が保育園に在園していれば加点
  • 同居の祖父母がいると減点

などなど

調整の点数については

自治体によっていろんな項目がありますので、

まずは

加点と減点の条件を
しっかり把握しておきましょう!

点数の一覧表
役所のホームページで
1年中いつでも確認できますよ!

優先順位

同点の家庭があった場合、

あらかじめ自治体で決められた優先順位に従って

高い順位に当てはまる家庭から

入園が決まります。

例えば、

  • 同点なら就労家庭より傷病を抱えた家庭が優先
  • 所得の低い家庭が優先

などです。

世田谷区の具体例

基本指数、調整指数の
具体的な例をみてみましょう

具体的な例を見ると

イメージしやすいと思います。

基本指数

出典:世田谷区HP

「週5日以上勤務し、かつ、週40時間以上の就労を常態」
の場合、→50点

基本指数は

父(50点)+母(50点)の合計100点が満点になります。

調整指数

出典:世田谷区HP

入園希望月に就労実績が1年以上の場合、→(+2点)

入園希望月に申込児以外の兄弟姉妹が在園中または同時申込み中の場合、→(+5点)

点数アップの方法

それでは、
点数アップの方法を
お伝えしていきます。

基本の点数については

就労時間の長さで決まるので、

基本の点数を上げるには
働く時間を増やすしかありません。

一方、

調整の点数については
各自治体によって
加点と減点のさまざまな基準があるので、

まずは自分の地域の

加点と減点の条件を調べてから
点数アップの方法を考えていきましょう。

ここからは

ほぼすべての地域で効果のある
点数アップの方法についてお伝えしていきます。

認可外保育園に入園しておく

認可外保育園に通っている状態で

認可保育園の入園申込みをすると、

調整の点数が加点される自治体は多いです。

ただし、

保育料が高額になる場合もありますし、

やっと認可外保育園に慣れてきたころに
認可保育園に受かり、
転園しなければいけない可能性も
頭にいれておかなければいけません。

個人的には

「こどもはすぐ慣れる」と思っていますが、

お子さんによっては

転園によってストレスを抱える場合もあります。

最近では

認可外保育園でも補助金が出て

認可と大差ない料金で預けられるところも多いので、

お住まいの地域の補助金制度なども

確認してみるといいと思います。

副業とのダブルワークにする

パートなど時間の短い仕事では

どうしても入園が難しくなりますが、

自宅で副業を始めてダブルワークをすれば、

就労時間を合算できる場合もあります

自治体によって条件はさまざまですので

副業とダブルワークの場合は
加点されるのかどうか

役所に問い合わせてみてくださいね。

また、ダブルワークで申請する場合は

副業としてやっている仕事も

「本格的な仕事」だと

役所に認めてもらう必要があります。

私がオススメしている
誰でもできる副業が「ブログ」です。

  • 始めたばかりでも
  • 収入がなくても

ブログを仕事にして保育園に入園できる

具体的な方法は

こちらで紹介しています↓↓

【専業主婦でも保育園に入れる方法】解決策はブログを書くだけ! 毎日育児でヘトヘト…でも働いてないから保育園に預けられない… と諦めなくていいんです! 専業主婦は子どもを家で見られない理...

自営業者という選択

副業ではなく本業として「ブログ」を始め、

自営業者として申し込みするという選択もあります。

「ブログ」なら
収入がなくても
「書くだけで」
仕事と認められますよ!

自営業者は

在宅ワークやパートより
圧倒的に有利に入園申込みができます。

自営業者になると…
  • 就労時間は自分で決められる上、
  • その就労時間は自己申告、
  • だからフルタイムでの申告が可能!

入園に
ダンゼン有利!

自営業者が入園に有利な理由
こちらの記事で詳しくお話しています。

「ブログなんてムリムリ~!」
と思った方は
ぜひ読んでみてください

「これならできるかも!」
と思っていただけると思います!

専業主婦がブログを始めるべき3つの理由 こんにちは、ひおこです ブログ『専業主婦が子どもを保育園に入れるには』 を運営しています。 専業主婦でも「ブロ...

まとめ

認可保育園に入園するためには、
できるだけ高い点数をもらいたいですよね。

私の運営するブログでは、

無理して働く時間を延ばしたり、
家族を犠牲にするような働き方を選んでしまうより、

気楽な働き方でも
高い点数をもらえる方法があることを

お伝えしています。

気になることや
聞いてみたいことがあれば、

お問い合わせフォーム
下記のコメント欄から

なんでもコメントくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。