始める前の準備

【個人事業主】銀行・クレカ・会計ソフトなどやっておくべき準備5つ

ここでは、個人事業主として仕事を始める前にやっておくべき準備5つを解説します。
(すべて無料で用意できます!)

やっておくべき準備5つはこちら↓↓
  1. 開業届の提出(保育園入園&口座開設に必要)
  2. ビジネス用銀行口座(在宅ワークで得た収入の振込先)
  3. ビジネス用クレジットカード(経費としてモノを購入するとき)
  4. 会計ソフトの会員登録&設定(知識がなくても帳簿づけが簡単!)
  5. (必須ではないが)マイナンバーカードの作成

「ビジネス口座を持つべきかどうか」「帳簿づけはどうやって進めたらいいか」といった疑問が解決しますので、以下の5つのステップで進めてみてください!

①まずは開業届を提出しよう!

まだ何の実績もないのに開業届なんて出せないでしょ?

いえいえ!「これから在宅ワーク始めます」の状態で提出できるんですよ!
(マイナンバーカードがあればスマホから提出もできます!)

開業届を提出しておけば、ビジネス口座を開設でき、保育園に入園する場合も説得力が大きくなります。

また、確定申告で税金の優遇を受けられるようになるため、まだ準備段階の方も提出しておくことをおすすめします。
【開業届の作成&提出方法はこちら ※注意点あり

②ビジネス口座の開設は収入が入り始めたタイミングで!

在宅ワークを始めるときに悩むのが、「銀行口座やクレジットカードはプライベート用とビジネス用を分けたほうがいいのか?」という問題ですよね。

結論から言うと、最初はプライベートの銀行口座と兼用でOK!

ビジネス口座の多くは、事業の実績がないと口座開設ができません。そのため、口座開設は収入が入り始めたタイミングがおすすめです!

ずっとプライベートの銀行口座を使っちゃダメモフ?

楽天銀行のように、個人口座を事業目的で使用することを規約違反としている銀行もあるため、収入が入り始めたらすみやかにビジネス口座への移行をおすすめしています。

また規約上の問題がなかったとしても、プライベート口座を使う場合は、個人的な利用を含めた口座の取引を5年~7年(所得によって変わる)保管しておく必要があるため、プライバシーの観点からもあまり推奨できません。

複数のプライベート口座を持っていますが、そのうちの1つを整理して事業用として使うのはありですか?

現在持っている口座のうち1つをビジネス専用にするのはOKですが、「事業用」として登録すると、今年1/1~の取引をプライベート分含めすべて会計ソフトに入力する必要があります。(入力が面倒でなければ事業用として登録してもOK)

詳しくは会計ソフトの設定記事で解説しています。

『いえじょぶのすすめ』では、振込手数料が安くネットでも利用明細が確認しやすい楽天銀行をおすすめしています。

在宅ワークの報酬も、「楽天銀行→110円、その他の銀行→550円」みたいなパターンが多いので、使い勝手バツグン!

在宅ワークを始めると、報酬の振込口座などを登録する場面がたくさんあります。最初は個人口座を登録すればOKですが、収入が入り始めたらビジネス口座に切り替えましょう。

個人ビジネス口座の開設方法はこちらで詳しい手順をお伝えしています。

【個人事業主】楽天銀行の個人ビジネス口座の開設手順(完全図解あり) ここでは、楽天銀行の【個人ビジネス口座】の開設手順をお伝えします。 スムーズに進んでも申込み~口座開設完了まで2週間ほどかかりま...

③クレジットカードはビジネス用を分けると便利

経費の支払いにつかうクレジットカードを、プライベートとは別で用意しておくと便利です!

ビジネス用クレジットカードを準備しておくと、カードの利用明細がそのまま経費になるため会計ソフトへの入力がかなり楽になります!

プライベート用カードで経費の支払いをすることもできますが、毎月の利用明細から「どれが個人利用でどれが経費なのか」いちいち確認する必要があります。

ちなみに…

この記事で説明するビジネス用クレジットカードとは、「〇〇ビジネスカード」と名前のついた年会費のかかる法人カードではありません。年会費無料で使えたりする個人カードを、プライベート用とビジネス用で分けるかどうかの話です。

ビジネス用クレジットカードは、年会費永年無料の楽天カードでOKです。楽天カードはすでに持っていて、生活費決済に使っているという方は、2枚目の楽天カードを作ってビジネス用にしましょう。

\1枚目も2枚目も年会費がずっと無料!/

楽天カード公式

楽天カードで経費の決済して大丈夫なの?

楽天カードは転売事業での利用が禁止されています。転売目的でなければ経費となるものの購入も制限されていません。(ただし、利用時点で規約の変更がないかご自身で確認してくださいね!)

会員は、次の各号の行為のためにカードを利用してはならないものとします。(中略)資金調達又は転売事業を目的とする商品若しくは権利の購入又は役務の受領。

カード会員規約[第29条カードショッピングの利用方法]より

つまり、せどりや転売事業を行う予定の方は、楽天カードは使用できないため注意しましょう!

楽天ビジネスカードは選択肢としてナシ!

法人カードとして「楽天ビジネスカード」というカードもありますが、個人で細々と始める方には不要でしょう。

楽天プレミアムカード(年会費11,000円)+楽天ビジネスカード(年会費2,200円)合計で年会費13,200円かかるので、在宅ワーク初心者には不向きですね。
(楽天市場でガンガン仕入れしたり、従業員カードを持ちたい方にはオススメできます。)

楽天カード以外でもOK!

各家庭により使いやすいカードがあると思うので、楽天カード以外でもOKです!

規約で経費としての決済が規制されていない以下のカードもおすすめです。(利用時点で変更がある可能性もあるため、必ずご自身で規約を確認してください)

・ファミマTカード

・リクルートカード

④会計ソフトは「やよい」がオススメ!

あまり知られていませんが、確定申告をする・しないに関わらず帳簿付け(お金の流れを記録しておくこと)が必要です!

【国税局ホームページより】

国税局のホームページにも、”所得税の申告が必要ない方も、記帳・帳簿等の保存制度の対象となります”と記載されています。

確定申告はこちらの記事で詳しく解説!

よく分からなくてめんどくさそうモフ~

帳簿づけには会計や簿記の知識が必要ですが、知識がない方でも会計ソフトを使えば大丈夫です。

オンラインで使える会計ソフトは以下の上位3社が主流です。

  • やよい
  • マネーフォワード
  • freee(フリー)

私は、3つすべて使ってみて、現在は「やよいの青色申告オンライン」を使っています。

安い代わりに機能はシンプルですが、在宅ワークの帳簿付けならこれで十分!(しかも初年度は無料!無料期間での解約もOKです)

やよいの青色申告オンライン」の詳しい登録&設定方法は以下で詳しく解説↓↓

【在宅ワーク始める前に】やよいの青色申告オンライン設定方法 ここでは、在宅ワークを始めたい方(すでに始めている方)に向けて「やよいの青色申告オンライン」の設定方法を解説します。 在宅ワ...

⑤(必須ではないけれど)マイナンバーカードは持っておくと便利!

マイナンバーカードを持っておくと

  • 確定申告がパソコンかスマホでできる!(税務署に行ったり郵送の手間なし)
  • コンビニで行政手続きができる

個人事業主がマイナンバーカードを持つ最大のメリットは、確定申告がパソコンやスマホでできることです。

また、何かと提出を求められることが多い公的な書類をコンビニで発行できるようになるのも便利ですよね。

必須ではありませんが、持っておくことをオススメします。

マイナンバーカード総合サイト

まとめ:在宅ワークを始める前に準備しておきましょう!

個人事業主として在宅ワークを始めるなら、今回お伝えした5つの準備は事前に済ませておくことをオススメします。

保育園の入園手続きでも説得力が増しますよ!

【在宅ワークで保育園に入る方法】仕事の選び方~入園手続きまですべて解説します 働きたいのに働けない 子どもとべったりが辛い… 育児と両立しながら稼ぎたい 母ではない「自分」を保ちたい ...

分からないことや疑問に思うことがあれば、下記コメント欄(ニックネームだけで送れます)やお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です