確定申告について

【在宅ワーク】収入の仕分け・帳簿入力方法[やよいの青色申告オンライン]

『いえじょぶのすすめ』では、在宅ワーク初心者にWEBライター+ブログという働き方をおすすめしています。

ここでは、在宅ワークを始めた方に向けてやよいの青色申告オンラインを使った帳簿付けの方法をお伝えします。

・そもそも帳簿づけって何?
・収入少ないけど、絶対やらなきゃいけないの?

・確定申告との関係は?
青色と白色の違いは?
という方はこちらの記事からご覧ください!

今回は収入の部を紹介します!

収入の部

  • クラウドソーシングの報酬が入ったとき
  • ブログの報酬が入ったとき
  • クライアントから銀行に直接報酬が振り込まれたとき
  • 事業用口座に現金を入金したとき

支出の部(別記事で紹介)

  • 事業用クレジットカードで経費を支払ったとき
  • プライベート兼用クレジットカードで経費を支払ったとき
  • 現金で経費を支払ったとき
  • 銀行引き落としで経費を支払ったとき
  • 事業用口座から現金を引き出したとき

帳簿づけのやり方には、いろいろな考え方があり、今回紹介しているのはあくまでも『いえじょぶのすすめ』おすすめのやり方です。

税理士ではないため、「これで合っていますか?」という質問にはお答えしかねますのでご了承ください。

不安な方は、税務署や税理士さんに直接ご相談ください。

【やよいの青色申告オンライン】初期設定がまだの方はこちら↓↓

【在宅ワーク始める前に】やよいの青色申告オンライン設定方法 ここでは、在宅ワークを始めたい方(すでに始めている方)に向けて「やよいの青色申告オンライン」の設定方法を解説します。 在宅ワ...

クラウドソーシング報酬の入力方法

クラウドソーシングサイト(私の場合はランサーズ)の報酬については、

  1. 報酬が管理画面に入ったとき
  2. 報酬が銀行口座に振込されたとき

この2つのタイミングで会計ソフトに入力します。

銀行に振込されたときだけじゃダメなの?

青色申告の基本的なルールとして収益や費用は発生したタイミングで計上するというルールがあります。

報酬確定が発生したタイミング、口座への振込が発生したタイミング、それぞれのタイミングで帳簿づけが必要になります。

税務調査が入ったときに「帳簿づけがルール通りに行われていません」と指摘されると、最大65万円の控除が受けられず税金が上がることも考えられます。

①報酬が管理画面に入ったとき

「報酬が管理画面に入ったとき」とは、
仕事が完了し、クライアントからの支払いが確定した時点のことです。

ランサーズでは、報酬が確定すると「支払い管理画面」に金額が表示されるので、この時点で会計ソフトに入力しましょう。
(源泉徴収あり・なしで入力方法が違います)

完了した案件が多いと、1カ月に何十件(場合によっては何百件)も仕訳けが必要なこともあります。面倒ですが、帳簿づけのルールを理解して自分なりのやり方ができるようになるまでは、1件ずつ入力しましょう!

源泉徴収なしの場合

やよいの青色申告オンライン】にログインし、ホーム画面の[仕訳の入力]をクリック。

2022年2月25日に入った報酬を例に解説します。

  1. 日付をカレンダーから選択
  2. 貸方勘定科目[売上]を選択→報酬(税・手数料すべて込みの金額)を入力
  3. 借方勘定科目[支払手数料][システム手数料]を選択→金額を入力
  4. [売掛金]を選択→金額セルにキーボードで[+]を入力すると自動計算される
  5. 取引先に[ランサーズ]と入力
  6. 続けて入力する場合はチェックを入れ、[登録]をクリック。

補助科目が選択できない方は、先に[設定メニュー]→[科目の設定]から補助科目を追加してください。

源泉徴収ありの場合

やよいの青色申告オンライン】にログインし、ホーム画面の[仕訳の入力]をクリック。

2022年8月3日に確定した報酬を例に解説します。

ランサーズの場合、支払い管理の入金額は源泉徴収されたあとの金額です。そのため、仕訳入力をするときは入金額+源泉徴収額を「売上」に入力します。

  1. 日付をカレンダーから選択
  2. 貸方勘定科目[売上]を選択
  3. 貸方金額→報酬+源泉徴収額を入力(源泉徴収額はあとで解説)
  4. [売掛金](補助科目[ランサーズ])→[支払手数料](補助科目[システム手数料])→[受取報酬の源泉徴収税]を順番に選択
  5. [支払手数料]にシステム手数料を入力
  6. [受取報酬の源泉徴収税]に源泉徴収額を入力
  7. 金額セルを選択し、キーボードで[+]を入力すると[売掛金]が自動計算される
  8. 取引先に[ランサーズ]と入力
  9. 続けて入力する場合はチェックを入れ、[登録]をクリック。

源泉徴収の勘定科目は[受取報酬の源泉徴収税]を使います。(これ以外を使うと確定申告書に反映されません)

※源泉徴収額の確認方法

源泉徴収額は、報酬の税抜き金額に源泉徴収率10.21%をかけた金額であることが多いですが、クライアントさんによって考え方はバラバラです。

源泉徴収額が分からない場合はクライアントさんに直接確認しましょう。
(事前に源泉徴収額について説明があることがほとんどです)

よく使う仕訳に登録しておく

仕訳の入力ができたら少し下にスクロールし、
今登録した取引に[チェックを入れ]→[よく使う仕訳に登録]をクリック。

表示名を入力して(私は[ランサーズ報酬確定時]としました)、[登録]をクリック。

次回以降、[仕訳の入力]→[よく使う仕訳]→[使いたい仕訳を選択]の順番にクリックすると入力の手間が省けます。

②報酬が銀行口座に振込されたとき

銀行口座との連携が済んでいない方はこちらから設定してください。

①で入力した2022年2月25日の報酬が、3月15日に銀行口座に振込された事例で解説します

報酬が銀行口座に振込されたときの入力は、以下の手順で進めます

  1. 取込データを確定する(確定済みの場合はこの手順は不要)
  2. 確定したデータを編集する
  3. 入力に間違いがないかチェック(慣れてきたら不要)

①取込データを確定する(確定済みの場合はこの手順は不要)

ホーム画面で[スマート取引取込]を選択

※画像は別の日のものです
  1. 報酬が振り込まれた銀行を選択(データが反映されていないときは日を改めて)
  2. 事業に関係するものは[する]、プライベートのものは[しない]を選択
  3. [取引を確定する]をクリック

②確定したデータを編集する

「かんたん取引入力」の画面で、該当する振込データを選択し、[編集]をクリックします。

※以下の項目について確認・変更しましょう!

振替元科目になっていることも)】→売掛金(違う勘定科目になっていたら[売掛金]に変更する)
振替先取引手段になっていることも)】→変更しなくてOK(上記画面とは違うこともあります)
手数料負担】→[自己負担]に変更
振込手数料】振込にかかった手数料を入力(楽天銀行の場合は110円)
金額】通帳に実際入った金額に振込手数料を足した金額に変更する(上記の場合は6,490円+110円なので6,600円と入力する)

どうして金額の変更が必要モフ?

変更しないと、帳簿上の計算が合わないんです。入力が合っているかどうかは以下の方法でチェックしてください。

③入力に間違いがないかチェック(慣れてきたら不要)

  • 「仕訳の入力」画面で、報酬発生日(2/25)と振込日(3/15)に付箋をつける
  • [絞り込み]で同じ色の付箋を選択
  • [検索]をクリック

①2/25[売掛金(借方)]6,600円→②3/15[売掛金(貸方)]6,600円
借方と貸方の[売掛金]が一致していればOKです。

借方に入力される売掛金は1件とは限りません。複数ある場合は以下のように合計金額に間違いがないか確認しましょう。
(2カ月分、3カ月分とまとめて振込されたときも合計額が合っているか確認しましょう)

アイコン名を入力

ややこしいモフ…

難しく考えず最初は見よう見まねでいいのですが、簿記の知識があれば「なぜそのように入力するのか」という理解が進みますよ!ふくしままさゆきさんのYouTubeチャンネルがおすすめです!

ブログ報酬の入力方法

ブログの報酬は

  1. 管理画面の金額を月末に入力
  2. 報酬が銀行口座に振込されたとき

この2つのタイミングで会計ソフトに入力します。

A8.netを例に紹介します。

①管理画面の金額を月末に入力

A8.netのホーム画面から[レポート]にカーソルを合わせ[成果報酬]をクリック。

会計ソフトに入力する金額は[確定報酬額・税込]の金額を記載します。

やよいのホーム画面から[かんたん取引入力]をクリックし、以下のように入力します。

収入】のタブを選択
取引日】月末の日付(2月分なら2/28)
科目】売上
取引手段】売掛金
取引先】A8.net
金額】A8.netレポート画面の[確定報酬額・税込]の金額

入力できたら[登録]をクリックします。

[仕訳の入力]をクリックし、[借方勘定科目]に[売掛金]、[貸方勘定科目]に[売上]が入力されていればOK!

②報酬が銀行口座に振込されたとき

①で入力した2月分の報酬が、4月15日に銀行口座に振込された事例で解説します

報酬が銀行口座に振込されたときの入力は、以下の手順で進めます

  1. 取込データを確定する(前項で解説済のため割愛)
  2. 確定したデータを編集する
  3. 仕訳帳で間違いがないかどうかチェック(慣れてきたら不要)

①取込データの確定はクラウドソーシング報酬の手順で解説したため割愛します。

②確定したデータを編集する

「かんたん取引入力」の画面で、該当する振込データを選択し、[編集]をクリックします。

※以下の項目について確認・変更しましょう!

科目振替元となっていることも)】→売掛金(違う勘定科目になっていたら[売掛金]に変更する)
取引手段振替先となっていることも)】→変更しなくてOK(上記画面とは違うこともあります)
手数料負担】→[自己負担]に変更
振込手数料】振込にかかった手数料を入力(ゆうちょ銀行の場合は66円)
金額】通帳に実際入った金額に振込手数料を足した金額に変更する(上記の場合は12,034円+66円なので12,100円と入力する)

③入力に間違いがないかチェック(慣れてきたら不要)

  • 「仕訳の入力」画面で、報酬発生日(2/28)と振込日(4/15)に付箋をつける
  • [絞り込み]で同じ色の付箋を選択
  • [検索]をクリック

①2/28[売掛金(借方)]12,100円→②4/15[売掛金(貸方)]12,100円
借方と貸方の[売掛金]が一致していればOKです。

クライアントから銀行に直接報酬が振り込まれたとき

※準備中

順次追加しますので、お待ちください!

事業用口座に現金を入金したとき

事業用口座の資金が足りなくなり、プライベート口座から30,000円を入金した

スマート取引取込で反映されている場合は該当データを選択し[編集]をクリック

スマート取引取込を利用していない場合は、[かんたん取引入力]の画面から入ってください

【取引日】入金日を入力
【振替元(科目)】事業主借
【振替先(取引手段)】普通預金
【摘要】変更不要

上記のように入力できたら[上書き保存(もしくは登録)]をクリック

面倒でも1件1件やってみましょう

確定申告についてはネットでも多くの情報が上がっていますが、帳簿づけについては具体的な方法がほとんど見つかりません。フリーランスの帳簿づけは、必ずしも厳格なルールがあるわけではなく、書き方が個人にある程度任されているというのが理由の一つです。

今回紹介した帳簿づけの方法も、仕事の請負方法や支払方法の違いにより、合わない方がいるかもしれません。勘定科目も人によっては違ってくる場合もあるため、心配な場合は税務署に確認してくださいね!

最初は一つずつ正しいやり方を調べながらの作業になるため、時間がかかり面倒ですが、フリーランスになったら収入が少なくても帳簿づけしなくてはいけません。

個人的な税務相談を受けることはできませんが、「こういうパターンの仕分けについて紹介してほしい」などご要望がありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です