保育園の基礎知識

認可と認可外の違いは?保育施設の種類を解説

子どもを預ける施設について調べ始めると、

認可保育園と認可外保育園の他にも、
色んな種類の保育園があり、

何がちがうの~?!

と調べるのに時間がかかったりするんですよね。

この記事では

いろいろある保育園の
基本的なちがいについて、

分かりやすく丁寧に説明します。

まずは保育園の大まかな枠組みを知っていると、

自治体で配られる入園手続きの書類
理解しやすくなりますので、

基本的な知識として知っておいてください。

色んな呼び方があってややこしい…

保育園には色んな種類があり、

  • 認可、認可外の他にも
  • 認証保育園
  • 認定こども園
  • 小規模保育園

などなど…

何だか分かりにくい名称で

すごくややこしいですよね。

まず、
保育園は大きく2つに分けられます。

大きく分けると認可と認可外

保育園は大きく分けると

・認可保育所等(認可)

・認可外保育施設(認可外)

に分けられますが、

この2つの分かりやすいちがい

認可と認可外のちがい

自治体に申し込む=認可

保育園に直接申し込む=認可外

という違いです。

認可と認可外の違い

ちがいをもう少し細かく
見てみましょう。

認可保育所等

認可外保育施設の違いを

もう少し細かく比べてみると

  認可保育所等 認可外保育施設
設置
基準
条例規則に基づく
設置・運営基準
要綱に基づく
設置・運営基準
事業の
目的
区市町村の
計画に基づき設置
設置者が
自由に設置
申込み
方法
お住まいの
区市町村へ
直接施設へ
保育料 保護者の
収入による
設置者が
自由に設置
運営費 自治体から
出ている
原則保護者からの
保育料で運営

東京都福祉保健局のHPをもとに筆者作

よく誤解されるのが、

認可外保育園は

色んな基準を満たしていないんじゃないか、

ということですが、

認可外保育園にも
各自治体が定めた基準があり、

それに基づいて運営されているんですよ!

ただし、

施設によって質の格差はありますので、

必ず見学して確認を!

保育園の種類

認可と認可外の中で、

さらに細かく施設が分かれています。

下の図で確認してみてください。

各施設の特徴を
1つずつお伝えしますね!

目次から
知りたい施設に飛べます。

各施設の特徴

自治体に申し込む施設

認可保育園

国の認可基準をクリアし、

都道府県知事から認可を受けた保育園です。

認可基準は、
施設の広さ、設備、保育士の配置など
決められています。

たとえば…
  • 0歳の乳児3人につき保育士1人以上
  • 医務室や調理室があること

など。

先生は全員が保育士の資格を持っています。

認可保育園には

公立保育園私立保育園があります。

公立保育園

保育士は地方公務員。
先生は公務員試験に合格し、
さらに保育士の資格も持っているということですね。

ベテランの先生が多く、
広い園庭でのびのび遊んでいるイメージ

施設が古いこともあり、
ピカピカトイレに慣れている子は抵抗があるかもしれませんが、

小学校に上がる前に
慣れておくのもいいかも、と個人的には思います。

私立保育園

公立の保育園はだんだんと減っていて、
私が住む地域もほとんどが私立保育園です。

園ごとに色んな方針があり、
英語教育や体操などに力を入れている保育園もあります。

うちの子が3人とも通った保育園でも
英語や体操の課外教室がありました。

保育料とは別で月謝はかかりますが、
習い事の送迎の負担がないのは

かなり親にとってありがたいですね。

認定こども園

幼稚園と保育園の機能を両方もった施設。

認定こども園は
専業主婦の子どもも預けられますが、

  • 3歳以上
  • 幼稚園部分のみ

結局幼稚園と同じですね。

0~2歳の子や、
長い時間預かってもらうためには、

「保育の必要性の認定」を受けなければいけません。

保育園に入るための認定とは?『1号』『2号』『3号』の違いを徹底解説! こんにちは、ひおこです この記事では 認可保育園の入園や、 認可外保育園の補助金の申請時などに必要になる ...

認定こども園には以下の4つの種類があり、
それぞれ基準が違います。

0~2歳を担当するときは保育士資格が必要。

①幼保連携型

幼稚園と認可保育園の基準を両方満たすタイプ

新しく作られた施設が多いです

②幼稚園型

幼稚園の基準を満たし、
保育が必要な子どものための保育時間を確保するなど
保育園の機能も備えているタイプ

③保育園型

認可保育園の基準を満たし、
保育が必要な子ども以外も受け入れるなど、
幼稚園の機能も備えているタイプ

④地域裁量型

市区町村の基準に基づき、
幼稚園機能と保育園機能を備えたタイプ

地域の実情に応じて
開園日や開園時間が決まっている。

地域型保育事業

2015年に始まった「子ども・子育て新支援制度」で
ニーズの高い0~2歳の待機児童の解消を目指して設置された事業です。

4つの事業形態があり、
すべて市区町村から認可を受けた保育園です。

①家庭的保育事業

家庭的な環境で定員は5人以下。
職員は市町村長が行う研修を修了した保育士や
保育士と同等以上の知識と経験があると認められた者。

②小規模保育事業

定員が6~19名の小規模な保育園。
以下の3つの型がある。

A型:全員が保育士
B型:半数は保育士
C型:市町村の研修を受けた保育士(保育士資格なし)

③事業所内保育事業

病院や企業の保育施設を認可し、
従業員の子ども以外も利用できるようにしたもの。

半数以上が保育士の資格あり。

④居宅訪問型保育事業

障害や疾患等で個別のケアが必要な子どもを
自宅で1対1で保育する。

保育園に申し込む施設

自治体独自の認証・認定保育施設

自治体が独自に設けた基準を満たし、
補助金を受けて運営される認可外保育施設。

大きな自治体が、
現在の認可保育園だけでは対応しきれないニーズに
応えるために作られました。

自治体からの補助金が出るので、

保育料は認可とあまり変わらない場合も多いです。

入園選考の方法は、
先着順や抽選など、各園によって違います。

企業主導型保育施設

国からの補助金で運営されるが、
自治体の認可はない認可外保育施設。

利用は企業の従業員だけに限られている場合もありますが、
地域枠がある保育園もあります。

資格をもった保育士は半数以上。

その他の保育施設

認可を受けずに運営される、
ベビーホテルや託児施設など。

私が現在住んでいる地域では、

その他の保育施設に
英語保育園やモンテッソーリスクールなども
含まれています。

認可と認可外どっちがいいの?

認可外保育施設は、

基準を満たしていない施設と思われがちですが、

「施設面積が認可基準に満たないだけ」

だったり

認可だと役所の管轄で入園が決まるため、

「すべての保護者に保育方針を理解してもらいたいから」

とあえて認可外を選択する施設もあります。

逆にいえば認可保育園も

いわば基準の最低ラインをクリアしているだけであって、

認可保育園だからといって

優れているとも限りません。

どっちがいいか、という質問に対しては、

「必ずご自身の目で確認してください」

という答えになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。