専業主婦の話

【解決策あり】ワンオペ育児の専業主婦が辛い理由と解決策3つお伝えします

『働いてないんだからワーママに比べたらラクでしょ!』

専業主婦のワンオペ育児はそんなふうに思われがちですが、ワーママも経験していた私からすると精神的なしんどさは専業主婦の方が圧倒的に上!!

特に専業主婦の場合、

  • 周囲の理解が得られない
  • 夫の稼ぎに頼っている劣等感

などから、

自分のリフレッシュに時間やお金を使うことが後ろめたく感じられたり、働いてないんだからやって当たり前、と自分を追い込んでしまうこともあります。

ストレスを解消する場所もなければ、気軽に愚痴を聞いてもらえる人もいないんですよね。

この記事では、

  • 専業主婦のワンオペ育児が辛い理由
  • ワンオペが辛いときの対処法3つ

を紹介します。

この記事を書いている私は、夫の転勤を機に専業主婦になり、ワンオペ育児で心が荒れ果てた経験があります。→詳しい経緯はこちら

一番上の子が小学生になり、大変さのピークは越えましたが、そんな私が辛いワンオペ育児を乗り越えた方法を紹介します。

僕もお手伝いするモフ~!

専業主婦のワンオペ育児が辛い理由

専業主婦のワンオペ育児が辛い主な理由は以下の3つです。

  • 思いどおりに動ける時間が全くない
  • やって当たり前というプレッシャー
  • 社会から取り残されたような孤独感

イライラやモヤモヤの原因を突き詰めた結果、この3つでした!

思い通りに動ける時間が全くない

外から見ると時間に余裕があるように見える専業主婦ですが、実態は全くちがっていて、子どもが起きている間は何もしていないのに何もできないという状態が続きます。

  • お皿を洗おうと思えば机で頭をぶつけたり、
  • 片付けようと思えばお茶をこぼしたり、
  • ご飯を食べることもトイレに行くこともままならず、
  • 落ちているごみをゴミ箱に捨てる、という作業ですら思うようにできなかったりします。

自分の思うように動けないということは、相当なストレスで、顔からどんどん表情が消えていった経験があります。

やって当たり前というプレッシャー

働いていないんだから家事育児はやって当たり前、という夫や周囲からの視線は、ママにとってすごくプレッシャーになりますよね。

私の夫は家事も育児もよくやってくれる方ですが、妻がどうしてそんなに疲れているのか理解できない、という空気を感じることもよくありました。

家でのんびりしてるだけなのにどうしてそんなにイライラするの?

という周囲からの視線はママの心を本当にえぐりますよね。

反論の余地もなく、「私ってなんてダメなんだろう…」とどんどん自信をなくしてしまいます。

ママはたった一人で耐えているモフ…

社会から取り残されたような孤独感

バリバリ働いている友人に比べ、家で毎日子供番組ばかり見ている自分が、何の価値もないように感じてしまい、社会から取り残されたように感じることもあります。

働きたくても短時間のパート勤務では保育園に預けられないし、かといってフルタイムの仕事をして子供にしわ寄せがいくのも本末転倒ですよね。

ワンオペ育児はこうやって乗り切る!辛い時の対処法3つ

ワンオペ育児を乗り切るための対処法は以下の3つです。

  • 自分を責めない
  • 「男性脳」を理解して対策してみる
  • 在宅ワークで自分の時間を生きる

自分を責めない

働いてないから家事育児が私の仕事、と思いがちな専業主婦は手抜きしている自分を許せないことがよくありますよね。

とはいえ、「まぁいいか、」と思うためには自分を納得させる何かが必要です。

きっかけを作ってくれる本を紹介します。

子育ての悩みとは関係なさそうですが、子どもや夫とのかかわり方を根本から変えてくれる本です。

「男性脳」を理解して対策してみる

妻「今日こんなことがあってさ…」
夫「それならさ、こうすればよかったんじゃない?」

妻「(え…アドバイスとかいらないんだけど…「大変だったね」の一言がどうして言えないの?!怒)」

我が家でもよくあるイライラのパターンです。

妻は「共感してほしい」「話を聞いてほしいだけ」なのに、夫はいつも「解決」しようとしてくるんですよね。

でも、男性は共感できないのではなく、女性が共感で生きていることを知らないだけなんです。

山に狩りに出て、成果を出さなければ生存も繁殖もできなかった男性脳は、「遠く」を見て、とっさに問題点を指摘し合い、「ゴール」へ急ぐようにチューニングされている。

夫のトリセツ(著:黒川伊保子)』

遠くの敵の気配を感じ、家族を守らなくてはならなかった男性脳にとって、共感するという脳の使い方は生存戦略として優先度が低かったんですね。

「そういう仕組みの脳」なのであれば、ママができることは以下の3つ

ママが楽になるためにできること
  • 「ほしいのは優しい共感だけ」と素直に伝える
  • 結論から言う(男性脳はゴールがどこかを常に探ってしまうため)
  • 「共感できない」はタフな証拠!自分への期待に切り替える

ママができることをやってみても、どうしても辛い気持ちが解消しないこともあります。

残念なことに、邪悪な脳というのはたしかにある。他人をおとしめることで自分の存在価値を確認する人たちだ。(中略)この脳にもいいところがある。デリケートじゃないので、逆境にめげずタフでパワフルだ。

夫のトリセツ(著:黒川伊保子)』

夫がこのタイプの場合、夫への期待は捨てて、自分に期待する方が確実です。ワンオペママでも自分の道を進んでいける、無理のない働き方を紹介します。

在宅ワークで自分の時間を生きる

当ブログでは、在宅ワークの始め方をお伝えしています。

  1. 乳児期はのんびり、幼稚園に入ったら気楽にお小遣い稼ぎ
  2. 保育園に預けて自由に働く

保育園を選んでも、幼稚園に入ってからでも、在宅ワークなら無理なく働けます!

じつは在宅ワークでも保育園は利用可能!自治体によってはちょっとした工夫が必要ですが、以下の記事で手順をすべてお伝えしています。

【在宅ワークで保育園に入る方法】仕事の選び方~入園手続きまですべて解説します 働きたいのに働けない 子どもとべったりが辛い… 育児と両立しながら稼ぎたい 母ではない「自分」を保ちたい ...

育児が辛いと悩むママに向けて、私がやってきたことのすべてをお話していますので、ぜひのぞいてみてくださいね!

辛いのは今だけ…と我慢しないで!ママが笑顔で過ごすために

「辛いのは今だけ」「もう少し我慢すれば楽になる」と考えている方も少なくないかもしれませんが、子どものために自分を犠牲にすることは果たして子どものためになるのでしょうか?

子どもにとってはママの笑顔が一番のはずですから、自分がいかに楽しく過ごせるか、ということを第一に考えてみてください。

ママたちの自由な働き方を応援するために、私もブログを書いています。

  • 在宅ワークって本当に気楽なの?
  • 時間のわりに稼げないイメージだけど…
  • 何だかよく分からないし不安…

『いえじょぶのすすめ』はそんな在宅ワークへの疑問や不安を解消するブログです。

みかこに聞いてみたいこと、始めたいけどこんなことが不安…など、コメント欄やお問い合わせフォームから気軽にご連絡くださいね。

ニックネームだけで送れます。送信元のアドレスや個人情報が私に送信されることはありませんので、ご安心ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です