始める前の準備

【在宅ワーク始める前に】やよいの青色申告オンライン設定方法

ここでは、在宅ワークを始めたい方(すでに始めている方)に向けて「やよいの青色申告オンライン 」の設定方法を解説します。

在宅ワークの収入が少なかったら確定申告しなくてもいい、と聞いたことがあるかもしれませんが、確定申告不要でも帳簿や書類の保存は義務付けされています

所得税及び復興特別所得税の申告が必要ない方も、記帳・帳簿等の保存制度の対象となります。

国税庁ホームページより

帳簿とは事業のお金の流れを記載したもので、自分ひとりで作成するには専門用語や簿記のルールなど知識が必要です。

会計ソフトを使えば難しい言葉が分からなくても帳簿付けできるので、在宅ワークを始めるなら必須!

『いえじょぶのすすめ』では1年間無料で使えるやよいの青色申告オンライン をオススメしています。

やよいの青色申告オンラインは…
  • 利用者No.1の会計ソフト
  • 大手3社(やよい、freee、マネーフォワード)で最安プラン
  • 1年間無料で利用できる(無料期間内の解約もOK!)

オンラインで使える会計ソフト上位3社の比較↓↓

個人の在宅ワークくらいなら、やよいのシンプルな機能で十分です!

やよいの青色申告オンライン設定手順
  1. やよいの青色申告オンラインに登録
  2. 「はじめに」の設定
  3. 開始残高の設定
  4. 勘定科目の設定
  5. 銀行口座・クレジットカードを連携する[スマート取引取込]

①~⑤まで設定できれば在宅ワークを始める準備はOK!(すでに在宅ワークを始めている方も同じように設定してください)

  • 在宅ワークの報酬が入ったとき
  • 経費でモノを購入したとき

などの入力方法は別の記事で解説します!

※準備中(2022年5月中に公開予定)

①やよいの青色申告オンラインに登録

まずは「やよいの青色申告オンライン 」にアクセス。(スマホ画面で解説します)

[申し込む]をクリック。

無料のセルフプランでOK![申し込み手続きはこちら]をクリック。

[名前][メールアドレス][パスワード]を入力し、下にスクロール↓↓

プライバシーポリシーに同意し、[登録する]をクリック。

登録したアドレス宛にメールが届くので、URLをクリック。

[契約申込へ進む]をクリック。

先ほど登録したメールアドレスを入力し、[次へ]をクリック。次の画面でパスワードも入力。

「やよいの青色申告オンライン」が選択されていることを確認。

「Misoca」のサービスは必要な方のみチェックを入れ、[次へ]をクリック。

合計8,000円と表示されるが、下にスクロールすると0円になっているので大丈夫です。

契約から1年間は無料で利用できます。更新前に案内メールが届くので、不要であれば無料期間内に解約できます!

同意欄にチェックを入れ、[次へ]をクリック。

クレジットカード、もしくは引落し口座の情報を入力し、[申込内容確認]をクリック。

事業用カードやビジネス口座の準備がまだの方は、プライベートのものでもOKです。

[申込を確定する]をクリック。

上のようなメールを確認できれば、登録完了です!

②「はじめに」の設定

利用登録が完了したら、ログイン画面 から設定を始めます。(ここからはパソコン操作がおすすめです)

[ログイン]をクリック。

手順①で登録したメールアドレスを入力(次にパスワードも入力)、[次へ]をクリック。

表示される質問に回答しながら入力します。

確定申告ははじめてですか?
「はじめて」→消費税の設定画面が表示されません
「はじめてではない」→消費税の設定画面になります

会社員時代にやったことあるかも、という方も、事業者としての確定申告がはじめてであれば「はじめて」を選択すればいいです。

消費税の申告義務があるのは売上高1,000万円以上の事業者です。ほとんどの方は「いいえ」でOK!

不動産所得がある場合は「不動産業」にもチェックを入れてください。ほとんどの方は「一般」だけになります。

事業用の「現金」とポケットマネーを区別していますか?
「区別している」→お店を持っているなど、お客様と現金のやりとりがある場合
「区別していない」→お客様と現金のやりとりはしない場合

在宅ワークなら「区別しない」でOK!ちなみに選択を間違っていても問題ありません。

上の質問で「区別する」を選択すると以下の画面になります↓↓

[利用開始]をクリック。

「区別していない」を選択した場合は以下の画面になります↓

[利用開始]をクリック。

③開始残高の設定

ホーム画面の[設定]をクリックし、開始残高を設定しましょう。

【①消費税】売上高1,000万円以下の方は設定不要
【②口座】後ほど[スマート取引取込]の設定をするためここでは入力不要
【③固定資産】10万円以上で購入したもの(パソコンやデスク等)があれば入力必要→こちら
【④残高】これから入力します

①~③は設定が必要ない方も多いので、ここでは④[残高の設定]のみ解説します。

いろいろな考え方がありますが、開始残高はゼロ円でOKです。前年に確定申告している方は、「貸借対照表」またはこちらを参考に期首残高を設定してください。

[登録]をクリックすると『元入金を自動入力してよろしいですか?』と聞かれることがありますが、[はい]をクリックして進めてください。

④勘定科目の設定

勘定科目(かんじょうかもく)とは、入ってきたお金や出ていったお金につけるラベルのようなもの。

ここで、使う予定のあるラベルをあらかじめ作成しておきます。

勘定科目はいつでも追加・削除が可能ですが、後々ひとつずつ入力するのは面倒なので「いらないかな?」と思うものでもとりあえず設定しておくと便利です。

ホーム画面の[設定メニュー]→[科目の設定]をクリック

まずは【水道光熱費】の細かい科目を追加します。
[水道光熱費]を選択したら[補助科目を追加]をクリック。

『電気代』『上下水道代』『ガス代』を追加し、[登録]をクリック。

【通信費】を選択し、『サーバー代(ブログを開設しない方は不要)』『プロバイダ料』を追加

さらに【支払手数料】を選択し、『システム手数料』『振込手数料』を追加して[登録]をクリックします。

システム手数料や振込手数料は、WEBライターなどクラウドソーシングサイトを利用する方が必要になる項目です。

⑤銀行口座・クレジットカードを連携する[スマート取引取込]

以下の3つの口座とクレジットカードを連携します。(その他にも事業で使用するものがあれば登録しましょう。)

  • 報酬が入る予定の銀行口座
  • 経費の支払いに利用するクレジットカード
  • 水道光熱費、通信費などの決済口座(もしくはクレジットカード)

ホーム画面から[スマート取引取込]をクリック。

[設定]をクリック。

[ログイン画面へ]をクリックし、メールアドレスとパスワードを入力する。

[同意の上連携する]をクリック。

口座登録の手順が表示されるので、確認してから[新規口座登録]をクリック。

楽天銀行(事業用口座)を登録

楽天銀行を登録する場合
[銀行]→[ラ]を選択すると結果が表示されるので、[楽天銀行]を選択し、[金融機関を選択して次へ]をクリック。

楽天銀行の個人ビジネス口座を開設している方は、『[法人]楽天銀行-ビジネス口座(ID/PW)』を選択し、[クラウド版]をクリック。
【楽天銀行】個人ビジネス口座の開設方法はこちら

事業用の口座が準備できていない方はプライベートと兼用の口座でも大丈夫です!

[口座連携する]をクリック。

個人ビジネス口座の[ユーザID][ログインパスワード]を入力し、[ログイン]をクリック。

規約の同意にチェックを入れ、[同意する]をクリック。

登録する口座が表示されるので、[チェック]を入れ[口座登録]をクリック。

明細取得はあとからでいいので、[閉じる]をクリック。

楽天カード(事業用クレジットカード)を登録

同じように[カード]→[ラ]→[楽天カード]→[金融機関を選択して次へ]をクリック。

楽天カードはビジネスカードではなく普通の楽天カードでOK(ただしプライベートで使っているなら2枚目を作った方が便利!)

[楽天カード]を選択し、[クラウド版]をクリック。

楽天e-NAVIの[ユーザID][パスワード]を入力し、[次へ]をクリック。

登録したいカードに[チェック]を入れ、[口座登録]をクリック。明細取得はあとからでいいので、[閉じる]をクリックしておきます。

その他、プライベートと兼用で使う可能性がある銀行口座やクレジットカードも登録しておきましょう。ご主人様名義のものでも登録できますよ!
(水道光熱費や通信費は主人のクレジットカードから落ちるので登録しました)

口座、クレカの詳細設定

  • プライベートと兼用で使うもの
  • 事業用にしか使わないもの

を設定しておくと、帳簿の仕分けがラクになるのでここから設定します。

上の画面で[スマート取引取込]をクリック。

連携済みのサービス一覧が表示されるので、一つずつ設定していきます。

事業用銀行口座の設定

事業用として作った銀行口座は以下のように登録しておきましょう↓↓

【勘定科目】→普通預金
【補助科目】→楽天銀行(ご自身の銀行を設定)
【主な用途】→事業用

このように選択できたら[保存する]をクリック。

プライベート兼用の銀行口座の設定

例えば我が家は、水道光熱費、通信費は主人の口座から決済されるため、プライベートと兼用の口座として登録します↓↓

【勘定科目】→普通預金
【補助科目】→自動的に[個人用]に設定されます
【取得開始日】→すべて
【主な用途】→個人用

このように選択できたら[保存する]をクリック。

事業用クレジットカードの設定

【勘定科目】→クレジットカード
【補助科目】→楽天カード(ご自身のカード名に設定)
【主な用途】→事業用

このように選択できたら[保存する]をクリック。

プライベート兼用のクレジットカードの設定

【勘定科目】→事業主借
【補助科目】→楽天カード(ご自身のカード名に設定)
【主な用途】→個人用

このように選択できたら[保存する]をクリック。

事業主借とは、「プライベートなお金を事業用として使いました」ということ。借りといっても返す必要はありません。帳簿ではよく使う項目なのでこのように設定すれば大丈夫です!

ただし、勘定科目の使い方はいろいろな考え方があり、上記のやり方はあくまでも私のやり方です。

税理士ではないため「これで合っていますか?」という質問にはお答えしかねますのでご了承ください。

不安な方は、税務署や税理士さんにお問い合わせくださいね!

初期設定は以上です!おつかれさまでした~!!

  • 在宅ワークの報酬が入ったとき
  • 経費でモノを購入したとき

などの入力方法は別の記事で解説します!

※準備中(2022年5月中に公開予定)

まとめ:準備ができたら仕事を始めましょう!

『いえじょぶのすすめ』では、在宅ワーク初心者に向けて【WEBライター+ブログ】という働き方をオススメしています。

  • どんな仕事にも必ず使えるライティングスキル
  • 自分の強みがお金になるブログ

相性の良い2つを同時に進めることで相乗効果も抜群!以下の記事で詳しく解説しています。

在宅ワーク初心者の主婦なら「WEBライター+ブログ」がオススメ! 在宅ワークを始めてみたいけれど、 特別なスキルや知識もない低単価すぎて割りに合わないのでは?何からどうやって始めたらいいか分から...

ご質問やご相談があれば、下記コメント欄やお問い合わせフォームからいつでも気軽にコメントくださいね!24時間以内(土日祝日を除く)に必ずお返事しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。